反抗期のない男たち

「僕、けっこう、反抗期なかったんすよ」とか、「そういえば、うちの子、反抗期なかったのよ」なんて話しを時々耳にする。だから、なにやらわけのわからぬ思春期の葛藤とか、親が超うざいとか、反対に、親にとっては迷惑せんばん(書けない)なあの時期というものは、別に、のべつ幕なしに誰にでも起こる事象ではなさそうだ。そこで、よくよく考えてみると私の周りの「性別は男」とされる人たちは皆、この反抗期なしの部類に属するようである。

それによって、私の人生はずいぶん生きやすいそれとなっているので、お礼を言わなければ・・・。

といっても、私の周りには男に属す人たちは公式には二人しかいない。弟と子供である。私の弟は8歳年下で、こんな姉(どんな姉?)を持ったために、自分がしっかりしなければという義務感があったらしい。若い頃からゆるい姉を守るために老成した感があり、今ではすごく頼りになる大人となってしまった。それでも、生まれた頃は歳の差がある(歳の差というのは、不思議なもので、絶対的な歳の差は変わらないのだけれど、相対的には縮まるものです。だって、8歳違いとはいえ、8歳のときに0歳と、98歳のときに90歳って全く違うじゃないか!)ので、兄弟というよりも豆ぐらいにしか思っていなかった。

その弟は、反抗期がなかった。大人しい。彼が中学くらいのときに聞いてみた。「あなたってね、反抗期ないよね?」ちなみにその時、私は大学生。反抗期という時期はとっくに過ぎていました。お答えがふるっていました。「おまえが一年中、反抗期なので、俺は反抗している暇がないんだよ」ぐうの音もでませんでした。ぐう!

もう一人の男性、うちのお子様。これも、記憶にある反抗期というものはない。いつもいつも母想い。他己中心的な人で常々頭が下がっていた。その彼も中学生くらいのときに、ちょっとばかり、一緒に外出してくれなかったり、言葉少なになる時期も。といって、反抗というほどではない。ところが、一度、一緒に渋谷に買い物に行った時のこと。確か、彼の冬服を買いに行ったのだと思う。渋谷の駅に着くやいなや、彼は私から10Mも離れて歩いている。で・・・頭にきた。大声で「ねえ、ねえ、どうして離れて歩くわけ?感じ悪~。もう、貴方とは一生一緒に歩くことはないでしょう(一生とか絶対とか言う言葉を使うなと親から指導されてきたのですが、こういう場合、妙に使いたくなる)」と母の捨て台詞。

帰宅してからも私は相変わらず機嫌が悪い。そこで彼が言いました「ママ~?今日が何の日だか知っているの?バレンタインデーだよ。そんな日に渋谷をママと歩いているところを友達に見られたら、僕がどんなに恥ずかしい思いをするかわかっているの?」

失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です