Google TVの検索の意味するところ

WebTVから始まって、歴代、失敗続きのインターネットTVをGoogleが仕掛けた。失敗続きと書いたけど、インターネットが使えますと言う意味ではみんな失敗しているが、ネットワーキングという意味では、いけてるなって思うものもあった。番組編成枠からTVを解放するという意味だったら、Cocoonなんかのほうが、よほどインテリジェンスがある。

結局、やっぱり、5mと50センチのユーザー行動は変わらないのではないか?

Google TVのGoogleらしきは、検索で番組を探すところ、まさに上記の番組編制枠からの解放だと思うのだけれど、TV見る人ってそんなにまでして検索したいのかな。。。TVをながら視聴しかしない私は絶対に検索なんかしない。目的のタイトルがあれば探しやすいくらいで、PC検索の意味とは全然違う。PC検索は、100へクサバイトある情報量から答えを見つけたいからするのであって、TVの番組数は自然語検索をしたとしても、せいぜい番組を見つけられることくらい、そもそも検索のゴールが違うと思う。

要は広告をどう入れ込むかにしかGoogleは興味がないと思うけど、私にはTVの検索連動型広告のイメージがわかりません。誰か教えてください。待っていれば、Google先生が教えてくれるはずだけど。。。

ソーシャルな意味合いで、共有はありだと思うけど、このデバイスで写真共有するイメージは孫の写真共有するぐらいしか思いつかない。

とはいえ、オープンなので、みんなから開発を応援してもらえば、何かでてくるかもしれないことを期待。

とはいえ、クローズドなアクトビラよりはずっといい。

ということで、極めて結論のないブログになってしまった(笑)

「Google TVの検索の意味するところ」への4件のフィードバック

  1. どうなんでしょうね?
    テレビって、やっぱりニコニコ生放送よりは番組の質が高いので、
    興味のあるテーマなら、テレビ番組を検索して見られると便利だなと思います。
    ニュースとかにメタタグをふってくれるとかなり使い勝手がよくなると思います。
    (今でも類似サービスはありますが)

  2. はい、番組検索は便利だと思います。ただ、検索と広告の関わりという点での意味をPC並みに見出せないのです。番組に関わりのある商品のリスティング?

  3. はじめまして
    自分的には、テレビってどっちかっていうと受身なので、ネット向きじゃないと思ってました。
    だけど、Twitter的なテレビなら、あってもいいかな。
    っていうか、USTってそれに近いです。
    偶然ライブに出会い、引きずり込まれて、新たなつながりを持てる、そんな感じが良いなぁと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です