趣味は恋愛

メディアの方々が、どこからかこの情報を仕入れ、「そういえば、趣味は恋愛っていうところ、もう少し詳しく教えてください」って、聞かれることが多くなりました。

人事からも露出は控えろとお達しがあったばかりなのに、この話題が日経新聞に載りそうで広報のSちゃんはあせっています。インタビューの間、相当引きながら「汗・汗」って言っていました。ちなみに、インタビューのときの彼女のtypical behaviorは「上目線、上目線」 と私を叱責しながらも、大笑いしてタイプを打ちまくっています。

以前の広報担当の人は、守りの広報で、私が失言すると「すみません。今の石黒の発言ですが、○○のようにしてください!」とビシバシ訂正が入り、自分の存在意義を疑ったものですが、Sちゃんは、営業出身なので、相当楽観主義で、ゆる~い感じで許容度も高く、わたしのままを出させてくれるので、満足しています。その結果、暴走気味でこの趣味が一人歩きしています。

第一、そんな趣味あるわけないですよね。ただ、趣味は何?というご質問に、物事にこだわらない私としてはこれっていう趣味を意識したことないし、そういうと仕事が趣味ですかって言われて、そんなこと絶対ないし、じゃあ、人をエンターテインすることとか、そもそも人が好きなので、「とらばーゆ」からインタビューを受けたときに恋愛かなって言ったら、それが本になって、 デファクトになってしまったみたいです。

そこで、rationalizationを考えてみました。といいますか、Sちゃんも交え、取材の間、ほぼグループディスカッション状態だったのですが、結論としては、まあ、綺麗になるとか、ドキドキ感がいいですね、なんていうのは、IT系としては少々顰蹙なのでやめることにしました。

最近感じることは、やはり、優しくなりますね。

それとビジネス書も読まず、教えてもらうことが嫌いだと公言してはばからない私も、好きな人を見ていると、特に自分と違っている部分を見て、自分を反省することも多くなりますね。

その人に好かれようとすると、その人にだけじゃなく「万人に」いい人になれるのは、やはり、恋愛の効用かと、、。

素直になります。自分が普段出せない部分を出していいんだって思える人に出会うといいのかもしれません。

とはいえ、色んな派生用語が生まれました。

石黒さんって、要するに青田刈りだけってこと?

by maiko

おまえ、そんなこと言っているからボーイフレンドできないんだよ

by shogo

へえ、趣味が恋愛!石黒さんと一緒だ。おまえ、出世するよ

by ネットイヤーの面接官

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です