村上春樹さんのエルサレム賞でのスピーチ

最近、村上春樹さんがエルサレム賞を受賞したときの「壁と卵」のスピーチが圧巻なのでちょっとコピーして、訳してみました。

So I have come to Jerusalem. I have a come as a novelist, that is – a spinner of lies.

Novelists aren’t the only ones who tell lies – politicians do (sorry, Mr. President) – and diplomats, too. But something distinguishes the novelists from the others. We aren’t prosecuted for our lies: we are praised. And the bigger the lie, the more praise we get.

The difference between our lies and their lies is that our lies help bring out the truth. It’s hard to grasp the truth in its entirety – so we transfer it to the fictional realm. But first, we have to clarify where the truth lies within ourselves.

Today, I will tell the truth. There are only a few days a year when I do not engage in telling lies. Today is one of them.

When I was asked to accept this award, I was warned from coming here because of the fighting in Gaza. I asked myself: Is visiting Israel the proper thing to do? Will I be supporting one side?

I gave it some thought. And I decided to come. Like most novelists, I like to do exactly the opposite of what I’m told. It’s in my nature as a novelist. Novelists can’t trust anything they haven’t seen with their own eyes or touched with their own hands. So I chose to see. I chose to speak here rather than say nothing.
So here is what I have come to say.

If there is a hard, high wall and an egg that breaks against it, no matter how right the wall or how wrong the egg, I will stand on the side of the egg.

Why? Because each of us is an egg, a unique soul enclosed in a fragile egg. Each of us is confronting a high wall. The high wall is the system which forces us to do the things we would not ordinarily see fit to do as individuals.

I have only one purpose in writing novels, that is to draw out the unique divinity of the individual. To gratify uniqueness. To keep the system from tangling us. So – I write stories of life, love. Make people laugh and cry.

We are all human beings, individuals, fragile eggs. We have no hope against the wall: it’s too high, too dark, too cold. To fight the wall, we must join our souls together for warmth, strength. We must not let the system control us – create who we are. It is we who created the system.

I am grateful to you, Israelis, for reading my books. I hope we are sharing something meaningful. You are the biggest reason why I am here.

エルサレムにやってきました。小説家として。嘘を紡ぐ職業である小説家です。

小説家というのは、嘘をつくものです。他には政治家とか外交官とかも嘘をつく。大統領、ごめんなさい。でも、小説家の嘘の特長というのは、小説家は嘘をついても罰せられないことです。むしろ、褒められる。大きい嘘であればあるほど、もっと褒められるわけです。

小説家の嘘と他の人がつく嘘の違いは、僕たちの嘘は真実を導き出すことです。真実を完全に見極めることは難しい。だから、僕たちはそれをフィクションの世界に展開します。でも、その前に自分たちのどこに真実があるのかを明らかにしなければなりません。

今日、僕は真実を述べます。僕が嘘をつかない日は年に何日もあることではありません。今日はその数少ない日のひとつです。

僕がこの賞を受けるにあたって、ガザ紛争があるから行くべきでないと何人もの人が僕をとめました。小説家とは言われたことと反対のことをするものです。小説家は、何でも自分の目で見て手で触れてみなければ信じることはありません。みんなここに来るのを反対しました。だから、僕は、ここに来ました。何も言わないよりも、あえて言うことを選んだのです。

もし、堅くて高い壁があり、それを壊そうとする卵があるなら、どんなに壁が正しくても、どんなに卵が間違っていても、僕は、卵の側に立ちます。

なぜなら、私たち一人ひとりが卵であるから、壊れやすい殻に包まれた固有の魂を持つ卵なのです。ひとりひとりが高い壁に対峙しています。高い壁はシステムです。そのシステムは私たち個人が普段行いたくないようなことを強制します。

僕が小説を書く目的はひとつ。人々の神がかったような個性を引き出したいだけです。固有であることを尊び、システムのもつれから私たちを解き放ち、命と愛の物語を書きます。人々を笑わせ、そして、泣かせてみせます。

私たちは、みな、人間であり、個人であり、壊れやすい卵です。壁に立ち向かって勝てるはずもありません。壁は高く暗く冷たいのです。だから、壁に立ち向かうためには、暖かで強い魂を紡がなければ。システムに私たちをコントロールさせてはなりません。システムを創ったのは私たちだからです。

イスラエルの読者の方々へ、私が言ったことから何かを見出してほしいのです。それが、私がここに来た一番大きな理由なのです。

って、直訳ですが、ガザ紛争のイスラエルにて、あえて、これを言うのはすごいなって思います。

Silicon Valleyで暮らしていた頃、スタートアップで大成功を収めたイスラエル人たちと仲良くなりました。彼らは、10億円くらいの家をかの地に持っていましたが、普段はイスラエルで暮らし、一年のうち一ヶ月をSilicon Valleyで過ごしていました。子供の友人がそのイスラエル人家族の息子さんでした。クラスでもずば抜けて優秀な成績をおさめていたその子。

「大きくなったら、何になるの?」私が質問すると彼は「僕は、大きくなったらイスラエルで兵士になる。そして、イスラエルのために戦う」

村上春樹はすごいと思うけど、私は、そんな歴史を背負っている人たちにどんな言葉をかけていいか、今だに、わからない、、、のです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です