ひさしぶり短歌

限りある命とあれば思うこといつもと違う大切さ

何ゆえに生まれ何ゆえ死んでゆくせめてわかって死にたいと思う

認められることっていいねと友に言われその意味さえもむなしく響く

誕生日12時に響く着信音メールを開けて君がいて

まだ恋と呼べないけれど君のこともっと知りたくRSS

ん、それで?不必要に近い距離、君の優しさモーメントかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です