I love Steve Jobs.

誰もが感じるように、Steve Jobsは、私のヒーローだった。生意気な私には、ずっとヒーローなんていなかった。でも、ずいぶん年をとってから、私にはヒーローができた。Steve Jobs.

本にも書いたし、スピーチでも話したけど、私には、生涯最高の思い出がある。これも、なんでもかんでも、すぐ忘れてしまう私にはとっても珍しいことだ。

私は、そのとき、年甲斐もなくStanford大学のビジネススクールに通っていて、とてもベタなクラブに所属していた。ハイテククラブ。ハイテク好きの人が集まっているクラブだ。普通の学校みたいに、Stanfordのビジネススクールにもクラブ活動があって勧誘の日がある。ラグビー部もあったし、起業家クラブみたいなのもあったし、ゲイレズビアンクラブっていうのもあった。それが一同に介して中庭みたいなところで勧誘しているのが不思議だった。みんなが声をかけてくれたけど、私はひとつ返事でハイテククラブに入った。

ハイテククラブもこれまたベタなクラブで、何をするかというと、シリコンバレーのハイテク企業の創業者やCEOを呼んでスピーチをしてもらうのがメインの活動だった。でも、これがいいんだよ。だって、ビルゲイツやラリーエリソンや、ちょっとやそってで会えない人たちがちゃんと来てくれたりする。Stanford大学はやっぱりシリコンバレーをつくっただけあって、いい学校に入ったなって自分ながら満足していた。

あるとき、Steve Jobsを呼ぼうよっていうことになった。その頃、1993年、Steve Jobsを呼ぶことはかなり難しかった。なぜなら、彼がでっかすぎるということでもなくて(もちろん、でっかいよ)、その頃は私たちは、Appleはきっとつぶれちゃうんだと思っていて、JobsはAppleを首になり、NeXTやPixarというすごい会社のCEOだったけど、JobsはMacをつくったということだけですでに私たちのヒーローだったけど、そんな、落ち込んでいるJobsが来てくれるわけがないと思っていた。でも、Jobsは、いいよって言ってくれた。

私たちは、500人も入れるような大きな教室でJobsを迎えず、ハイテククラブのメンバーだけで迎えるという贅沢な方法をとった。もしかすると、そのときのJobsでは500人を集められないと思ったのかもしれない。あるリッチな学生の家のリビングで彼を迎えた。

私たちも大人だからw、彼にどんな質問をすればいいかはわかっている。私たちは、NeXTやPixarや、色んな当たり障りのないことをJobsを囲んで話しながらビールを飲みピザを食べていた。その頃までのJobsは、シリコンバレーでは、一緒に働きにくい一番の人として有名で、きっとストイックな人だから、やんちゃ坊主とかいつも怒鳴り散らしていると有名だった、、、けど、そのときのJobsはとても優しかった。静かに私たちと談笑しながら私たちに付き合ってくれた。

どこの世界にもKYな人っているもんで、もうお開きになるという時に、ある女学生が質問した。

「首になったときは、どんなだったんですか?」私たちは、もう、冷や汗。

でも、Jobsは、そのときも静かに私たちと対面してくれた。

「僕は、休暇中だった。浜辺にいたんだ。携帯電話が鳴った。そして、「お前は首だ」と告げられたんだよ」

私たちは言葉をなくした。

kYな人は続ける。

「そのとき、どう思ったんですか」私たちは、Jobsはもう答えないだろうと思った。

Jobsは続けた。

「その時?、、、、、僕は自分がその電話をとっていると思えなかった。自分に双子の弟がいて彼がその電話をとっていると思ったんだ」

それだけ。

私たちは、何を感じたのだろう。私は、Jobsでも痛いんだ、と思った。シリコンバレーは失敗を許す地域、失敗してもいい、私たちはそう教えられたけど、失敗はJobsでもつらい体験なんだ。自分が作った会社を追われる体験は辛いとは思うけど、Jobsなら大丈夫かなって、ちょっと思っていた。でも、当たり前だけど、それは違っていた。

Jobsの気持ちを一介の私がわかるわけがない。でも、あれから、15年以上がたち、JobsはAppleに返り咲き、その会社を世界一の会社にした。失敗と呼べるかどうかわからないけど、あの失敗がなかったら、Appleの成功はなかったんじゃないかと思ったりもする。

Jobsが教えてくれたことを忘れない。1955-2011 Jobsが生きていた時に、生きていることができて幸せでした。Thank you, Steve Jobs.

fujiyo

20歳のときに知っておきたかったこと

「20歳のときに知っておきたかったこと」という本がベストセラーになっている。これは、Stanford大学 の医学部のPhDで、現在、同大学工学部のEntrepreneur Center Stanford Technology Venture ProgramのExecutive Director 兼 D-Schoolの先生が書いた本。

私自身が、Stanfordの本をいつか書きたいと思っているくらいなので、自分で読む必要はないと思っていたのだけど、総務の子が、これを読んで感動した、こんな大学に行きたいと言っていたのを知って、改めて読んでみようかと思った次第。というか、その子が貸してくれたんだw

ちょっとページをめくっただけで、私の心に刺さってくる。けっこう、感動しないほうなんだけど、私が信念として持っているものを言葉として提示してくれていることが嬉しいと思う。私は、自分の人生の中で、MBAをとったことなんて些細な出来事と思っていて、StanfordのMBAで最もよかったことは、Stanfordを学んだことだと思っている。あの大学はすごい。きっと、今、読み始めたばかりのこの本にある一言一言が語るように、まったく他の学校と根本が違うのだと思う。言い過ぎと言われるかもしれないが、これを体験した人たちは、大きく反対しない自信はあるよ。いい悪いじゃなくて、Silicon Valleyが他の地域と違うように、Stanfordも他と違うんだ。それはね、言葉じゃなくて、その信じられないような言葉を実践している地域が学校があるっていうことなんだ。

ちょっと、久しぶりのブログで、その言葉のひとつひとつを書き残しておきたいと思う。日本の教育は変わるべきだ。それは、日本という可能性を秘めたタレントの集団が方向性さえ見いだせれば、ナンバーワンになれる、そのための、唯一の手段だと思うから・・・。

失敗の冒し方

前のブログの続きなのだけれど、学生さん向けのスピーチで、好きなことをしろ!好きなことをしろ!失敗してもいいから、失敗してもいいからって言っている。

前フリで、Stanford大学やシリコンバレーの文化である失敗は学習であることを話して、最後にリンカーン大統領の失敗だらけの人生なんかを話すと、さすがに、失敗してみようかな・・・という気になる人も多く、テンションもあがる。

しかし、ここで毎度のように出る質問が「どーしたら失敗できるんですかぁ?」っていうぬるくってゆるーい感じの問いかけw。私も慣れているので、めげずに、「それはですね!」と指の一本も立てて答えることにしている。

とはいえ、この質問を毎回のように受けるので、私も何が何でも失敗できる方法を考えてみた。で、これは相当にいけると思うので、みなさん、ためしてください。

「人と違うことをすること」です。

人と違うことは常に新しいことで、新しいことをすれば先人に学ぶなんてこともできず、ロールモデルなんて甘いものはいるよしもない。よって、やることなすこと失敗のリスクがあります。だから、誰もやっていないことをやってください。きっと、人の10倍も20倍も学べると思う。おためしあれ!

好きなことを仕事にする

好きな仕事をしてくださいって言い続けている。当たり前の話で、好きなことであれば一生懸命やるし、好きなことであれはきっと自分が得意なことで、自ずと効率も生産性もよくなる。勝てる確率は高い。

人に言われた尺度で仕事を選ぶのは、やめたほうがいい。もちろん、言われたことをアドバイスとして判断基準に入れるのはありだけど、、、。

そんなことを話すと、いつも「好きなことがわからないんです」という質問を受ける。「曖昧でいい」と答える。最初から、これが好きってはっきりわかっている人なんて少ない。偉人だってみんなそんなにわかっちゃいなかったのだと思う。判っていますって言う人は意外と単純な人で思い込みが激しかったりしてw。

あまり難しく考えないで、なんとなく、で、いい。例えば、アートが好きだな、、とか、例えば、戦略を考えると燃える、、、とか。アートが好きだからデザインをしようと思うこと。

戦略が好きだからコンサルファームに行ってみようと思うこと。大企業を否定しがちな私だけど、大企業が好きっていうのもありだと思う。自分は大きな組織で力を発揮できる、だから好きと思うことは、業態という尺度じゃなくて企業文化に近い尺度で自分の仕事を選んでいるにすぎない。要するに好きな仕事の決め方はなんでもありだ。

大切なのは、自分が選ぶこと。人から言われたことじゃなくて、自分が選択したと言う事実。自己責任であれば、失敗しても納得がいく。自分が選んだんだから、仕方ないよな、自分が選んだんだから、もう少し頑張ってみよう、自分が選んだんだから、頑張る方法を見つけてみようと思う。

成功の法則

最近、大学での講義をよく依頼されます。

最近の大学生はよく講義に出るそうです(笑) っていうと変かもしれないけど、私が学生の時代はほとんど講義をさぼっていたもので、私の周りにも名古屋大学テニス部出身とかそんな形容をして平気な人がいるとは、母校の名古屋大学の70周年記念式典でパネルをしたときに総長がお話していたこと

そういえば、理科系の人たちは実験とかがあって、出席率はよかったみたいで、しかも、留年率もよかった(=高い?)みたい。テニス部では、男子部の学生で留年した人がコーチをやってくれたので、けっこう面倒見がよかった。大学の生態系がうまく循環していたみたいですね w とにかく、私のいた経済学部とか法学部の講義の出席率は極めて低く、私はその最たるものだったんじゃないかな。昔から無法者だったみたいです。最近の学生さんは出席率がいいというお話は、名古屋大学でも昨日講義をした早稲田大学でも、それとパネルのときにお知り合いになった北大とか京大の教授も口をそろえておっしゃっていました。でも、決して褒め言葉じゃなくて、出席率がいいだけなんですって。補講も土曜でも来いといえば絶対来るそうです。私みたいな無法者には信じられないお話です。

でも、出席率がいいからといって、成績がいいわけじゃなく(もちろん、いい人もいる)、決められたことをきちっとやる人が多い、はみ出す人がいない、っておっしゃっていた。私たちも、こうやってもっと前の世代の人たちに批判されていたのかもしれないけど、なんだか、私は、日本のゆるい制度の中に、みんながおさまっている、そんな日本が心配です。

環境は変わる。市場は変わる。今の日本にロールモデルなんてないと思う。あの人があーして成功したのだから、私もそうしよう、なんて、思わないほうがいい。成功や幸せの法則は自分で見つけてください。

SNS雑感

Mixiにまったく馴染めなかったのは、私がターゲットユーザー層ではなかったのだろうと思います。匿名文化の日本の習慣が私のスタイルと合わないということもあるようです。2Chの存在価値は認めるし、いい情報があることも認めるけれど、やはり匿名の誹謗中傷は私の肌に合いません。いいたいことがあるなら、はっきり名を名乗ってほしいものです。

LinkedInは、日本であまり普及していないのでその価値がわかってもらえないが、アメリカにいれば、徹底的に利用していると思います。Facebookももうそろそろ色んなメディアと同期して使いまくりたい。両方とも記名。両方とも、広がりがあるとはいえ、クローズドなSNSです。

で、Twitterで定期的につぶやき始めてみました。適当な性格の私にとって、つぶやきくらいがいいみたいで、楽しくやっています。ただ、本当につぶやきたいことはつぶやけないので(笑)、ある程度は、自分のブランディングをするメディアなのだと思います。自分をどう見せたいか、、、ですね。マスメディアだと、露出時間は短いし、どうしても、メディア側の意向に合わせることが問われ、私ときたら意外とサービス精神旺盛なので、きつい経営者を期待されるとそのとおりにふるまってしまうんですよね。よって、まったく違ったブランドになりがちです。のりぴーも私も。大家を一緒にしちゃいけないですね(笑)

そんなことを思ったり、、、の衣替えに疲れた私でした。Twitterには、さらに物申したいことがあるのですが、それは、また次の機会に。

有線は速い!

わー、6月6日に雨ザーザーふってきて、、、から更新していないことを発見。先ほど、Twitterでブログアドレス聞いてくれた人がいて、サービスに更新しようと思った次第です。

で、 これだけは書くな、と羽交い絞めにされたネタをひとつ。最近、社内でちょっとしたお引越しをしました。私は、平場が好きで、部屋を持つのを拒否していたのだけど、MAがらみのお話とかを電話で平気でしてしまうのもいかがなものかと、オープンだけどちょっとした囲み空間をつくられてしまいました。総務も苦労しているね、ごめんね。で、無線LANとか有線とか新しいデスクでためしていたんだけど、やっぱり有線は早いよ!どうしてかわからないけど、やっぱ有線だね、体感速度が違う、、、とまたまたみんなに豪語していました。みんなは「そうっすか?」みたいな、感じで、まあ、無視状態。

で、ある日、また、レッツノートを壊してしまい、情シスに叱られながら 直ったPCを試していると、なぜか無線LANがワークしない。馬場くんにきてもらって、設定を変えてもらったり、そのあたりのメカバカぶりは社外には話せないことなのだけど、馬鹿だから仕方ない。しかし、、、、馬場君もってしても、有線がワークしないこと判明。「石黒さん、ここ、有線きてましたっけ?」「あるよ、あるよ、この黄色いコード、これ入れるとね、また、早いんだ。やっぱ、体感速度違うよ」と、またまた豪語。馬場君、じっと線を見る。「石黒さん、これ、電話コードっすよ」・・・・だって、固定電話はうちないし、、、なんで、こんなところに電話コード、それも、これ見よがしに繋いでくださいとばかりに机の上に黄色いコード置いておくんだ!有線だって思ったじゃないか!

あの体感速度はなんだったのだろう?電話線つないで、速いって言っていた。。。

教会再デビュー

ちょっと前の日曜に、2年ぶりくらいに教会に行ってきました。

お知り合いの方の病が重く、こういうときは昔の人はお百度踏むのだろうな、、、。そっちのほうが努力している感じで願いがかないそう。

秋ごろから、自分の健康状態に疑問を持っていましたが、自分のことは神頼みでもないなと思い、ひたすらインターネット頼み(笑)。その晩は、なんだか落ち着かず、結局、一睡もできず。ほんと、自分のへなちょこっぷりに、まいりました。

でも、やはり、自分自身も、節目の日だと思い、明日から何があっても頑張れるように・・・っていうお祈りもしました。

私と教会は結びつきにくいと思うのですが、2年くらい通っていたことがあります。生粋の無神論者、科学以外信じない私ですから、その2年というものの、大和先生のお説教を聞くたびに「ありえない。ありえない。ありえない」。じゃあ、行かなければいいじゃんと思うのですが、生きているうちに自分以外に信じるものを見つけるのが目標というまたまた上目線の試み、AIDSから立ち直った友人がいたり、2年ほど通いました。その教会は、ヒルズのいい感じの場所にあって、散歩がてら、日曜の麻布近辺を歩くのもいいものです。12時からのランチサービスが200円でけっこう体にいいものを出してくれるので、それを食べて仕事にかかるというのも気に入っていました。

ひさしぶりでみんなが驚いて「何してたの?ちょっと感じが変わった。すごく幸せそうな顔をしている。わかった、結婚したんでしょ?幸せを独り占めするのは駄目よ」・・・・・

違いますって。

Kot君が相変わらず体が弱く、そうだ、厄除けしてこようと今年は川崎大師も行ったし、初詣なんて10年ぶりくらいでした。話はそれますが、あのビジネスは儲かりますね。Kot君と初詣に来る人の数から年間のお賽銭の総額をはじき出していたのですが、お賽銭だけでネットイヤーを優に越える売上げにはなりますね。しかも、それってコアビジネスじゃないですからね。モデル的にはディズニーと似ていると思いました。あっ、そういえば、去年は初詣に行ったのでした。これは、神頼みと言うよりデートなので数にはいれないことにします。

教会を思いついたのは、最近お知り合いになって尊敬している方から本を紹介してもらって、ちょっと新しい風を心に入れてみたかったのも理由のひとつです。ずっと、すごく強い意思で生きてきたつもりなのですね。運命なんて信じていないし、すべて自分が判断していく。運命って受け入れるものじゃなくて切り開くもの。

でも、浅くしか読めていないと思うのですが、その本には、「生かされている」と書いてありました。こういう考え方には徹底的に反抗してきたのです。今まで、だれが何と言っても考え方を変えませんでした。でも、彼が言うように、本との出合いは、そのときの自分の状況とか考え方に影響される。だから、彼が好きなものに、ちょっと本気で立ち向かってみたいと思う気持ちが、自分に少しだけ幅を持たせたのだと思います。まだ、生かされているとは思っていませんが、少なくとも、出発点である生を受けたときは、自分の選択でないことに改めて気付きました。言葉を変えれば、生の出発点と終点は自分では選べない、ということには、気付いていなかった。ちょっと傲慢な気持ちを抑えることにしました。

そうすると、大和先生のお説教も前よりは素直に聞きました。信じること、待つこと。

ランチサービスのとき、友人に会い、先生に隠れて占いを勉強している彼女が占いを信じない私に、「あなたは、手前勝手な生まれ年だけど(32年の方へ警告ですよぉ。特に男性はそうなんですって(笑))、山の相も持っているからね。どーんと構えて人助けするのがいいのよぉ」なんて言われて、こういうのも素直に聞いておこうと思ったのは進歩でしょうか?

そういえば、オバマ大統領の演説に一票。

時計

この時計を買ったのは、もう5年も前になるでしょうか?さっきから、長針が1分ずつ動いていくのをずっと見つめています。

この時計は、私の前のアメリカの家のそばにできた鳴り物入りのショッピングモールの一角で買ったものです。なんとなく、この緑色が気に入って。Vaseも一緒に買いました。Kaiに、この店で400ドルを散在するのは君が初めての人だと思うよ、と笑われながら。

この一分で何が起こっているのか、私にはわかりません。この一分なのか、次の一分なのか、私にはわかりません。もしかすると、もう終わってしまっているのかも。

そこに一緒にいてあげられない自分がもどかしい。こうして時計を見つめているだけです。

もっと人生がコントロールできれば、簡単なのに。オレンジを食べれば風邪が治るとか、一生懸命勉強すれば100点がとれるとか・・・。

君にあまりに影響力が大きかった人が逝ってしまうのは、Fairなことなのでしょうか?・・・・・でも、良きにつけ悪しきにつけ、それは君のために起こることなのです。

今はわからないことも、いつか、わかる。それは君を成長させます。

今からは君がCenter。もっとたくさんの人にもっと与えてください。

だから、自分を大事にしてください。無理しないで。

fujiyo

正常とマジョリティー

私は心臓に欠陥があります。房室ブロックという病気で、心臓の専門以外の先生と話すと、「大丈夫か?立っていられるか?ペースメーカーを入れているか?」とたたみかけるように質問されます。

心室と心房の間がなんらかの理由でブロックされてしまって、脳波が脈を打つ信号として機能していません。この病気は、人生の途中でdevelopする人が(変な言い方、思いつかない)ほとんどなのですが、その場合は、死んでしまう人もけっこういるとか・・。でも、私は生まれつきの欠陥なので全く問題はないと思っています。

そもそも、心臓の機能としては正常で、単に信号がブロックされているだけで、信号をスムーズに送るシステムさえ付加すれば、全く普通の人と一緒です。このシステムをつくるためには、通常、ペースメーカーを必要としますが、生まれつきの場合は、心臓への負担をあまり認識しないため、私は、10年ほど前までペースメーカーなしで過ごしてきました。

脈拍は常に40くらい。運動をしても、お酒を飲んでもずーっと40くらいです。私は、中学・高校・大学と体育会のキャプテンだったし、マラソンもトップでした。本当になんともないのです。

先生としては、少しでも早く入れたかったみたいですが、私も、40歳くらいになって、他の病気で手術が続き、そのたびに、ペースメーカーを入れていないと危ない!と先生方があせってしまうことが多く、じゃあ、もうそろそろ入れようかなって、ペースメーカーを入れました。ちなみに、アメリカの麻酔術というのは進んでいるのだなと思うことが多く、専門も細分化されていて、心臓麻酔外科なるものもいたりして便利でした。

ペースメーカー装着後、ペースメーカーと心臓をつなぐリードという線がなぜか2回も壊れて再手術。それも、壊れたことを知らなくて、半年くらい放置しておいたこともあります。

アメリカでチェックに行ったら、先生が真っ青な顔をして、今すぐ手術したいって。でも、私はその日、東海岸でスピーチが入っていたので、そんなことはできないと東に飛んでしまいました。先生は、拝むようにして、頼むからいかないでくれ、と言いましたが、すでに、半年間、ペースメーカーなしで過ごしていたのですから、2.3日なしでも、何も変わるわけではないと思い、先生を振り切って飛行機に乗ってしまったこともあります。

東から帰った日に、また病院に立ち寄る約束をしていたのですが、当日も私は手術をする気などさらさらなく、先生は「食事はしたのか?」「しましたよ」(手術前は絶食をするみたいで)「そうか(がっかり)」「いや、そういえば、食事をしたというのは、東時間か西時間か?」とあくまで食い下がるのですが「もう、いいから」と私は帰ってしまい、週末ゆっくりしてから再手術にのぞみました。

ただ、わりと知られていないのですが、ペースメーカーの手術は心臓の手術では最も簡単な手術で、部分麻酔ですし、手術時間も30分くらいなのです。手術中に、先生たちが、アメリカンフットボールの試合の話しをしながら執刀しているので、ちょっと、やめてほしいなと思ったこともあります。

ペースメーカーを入れたおかげで、ある意味、人より丈夫になりました。脳死をしても生きているみたいです。サイボーグっぽいですよね。

実は、私は腎臓がひとつしかありません。これも生まれつきみたいです。でも、心臓と同様に何でもないのです。ひとつしかないとわかったのが大学のときに初めて超音波をしたときですから、本当になんでもないのだなって。腎臓はひとつでいいのだそうです。事故とかでひとつなくなっちゃうと困るくらいのことだそうです。

ほかにも、けっこう病気をしました。でも、今まで、痛い思いをしたことがないし、心臓が悪くても腎臓がひとつしかなくても、すごく普通に過ごしています。

ということで、私なりの認識にたどり着きました。前置きが長くなったけど、これが言いたかったのです。

まったく自分では気付かないのだけれど、指摘されてみて初めて、自分の体は人と違うのだなと認識しました。でも、私のこの体は、私にとっては普通であり、先生方が異常だと私に認めさせようとしているだけでした。「先生、私これでいいんだもの。ほっておいてください」

そんなわけで、正常(スタンダード)って何なのだろうと思いました。つまり、今、普通と呼ばれている人たちの体は、それがマジョリティーであるゆえに正常と呼ばれているにすぎないということです。極端な話、健康だけにとどまらないのですが、例えば、心臓がひとつあるのがスタンダード=正常で、心臓が2つあれば異常とよばれるのでしょうが、誰が心臓がひとつが正常だと決めたのでしょう?

障害を抱えた人たちは、社会制度により守られる方向にはありますが、もともと差別される傾向にあります。ハーバードのケースでも、アメリカの鶏が今ではみんなコンタクトレンズをするようになった、そのビジネスアイデアを思いついたきっかけは、白内障の鶏がほかの鶏につつかれて死んでいくのを目撃したからです。どうやら異常であることは動物界では差別の対象であるらしいです。

そう、何の権限があって、正常や異常という判断をするのだろうということです。だから、せめて意思のある人間界では、正常か異常かじゃなくて、マジョリティーとマイノリティーという統計学的な区分けでかまわないと思うのです。